Q&A

赤龍馬ハウジング画画楽によせられるよくあるQ&A

売却について

不動産を売却したいのですが、まずどうすればいいでしょうか?

まずは不動産の査定を行うことからです。ご相談いただければ、現地にお伺いして売却予想価格などをお調べし、ご提示できます。お気軽にご相談ください。

査定をお願いしたら必ず売らないといけないんですか?

いいえ、そんなことはありません。売る・売らないはお客様の判断になりますので、査定額を参考にご検討ください。売却を強くすすめるようなことはいたしません。

住んだまま売却することはできますか?

はい、可能です。実際に売却されるお客様の多くは住みながら売却されています。ただ、見学を希望される方がいる場合は事前に承諾をいただいたうえでご案内させていただくことがありますのでご了承ください。

売却するときは査定価格で売ることになるのでしょうか?

いいえ、査定価格よりも安く、あるいは高く売却できることもあります。ただ、査定価格は周辺の物件相場などをふまえた物件の客観的な評価であるため、これくらいであれば売れるだろうという判断を下す重要な目安でもあります。もちろん、査定価格より高く売りに出すことはできますが、あまりに高すぎるとなかなか買い手がつかないことがあるので売り出し価格は慎重に決めることが重要です。

購入について

探している物件の条件を伝えれば探してもらえますか?

勿論お探しいたします。より詳しいご条件をお聞きしなければならない場合は、お電話や、或いは御来社頂いてお話を伺うこともございます

アートな物件、特殊な物件とはどんな物件でしょうか?

「アート」とは、通常一般の価値観とは離れて存在するものです。また、ご自身の「好み」というものも、他人の価値観から独立したものです。そのような「独立した価値をもつもの」を「アートな物件」と呼んでいます。
「特殊性」というのもほぼ同じような意味で用いております。

海外の物件は探してもらえますか?

場合によってはお受けいたしますので、まずは御相談下さい。

特殊な物件だと登記などが大変そうですが、大丈夫でしょうか?

所有権移転登記の出来ない物件はもとも売買の対象にはなりませんのでご安心下さい。

家具やインテリア雑貨についての相談にも乗ってもらえますか?

お客様に合った物をご提案させていただきます。